青色申告の特典

青色申告は記帳慣習の確立および申告納税制度の充実のため、所得金額の計算などについていくつかの特典が設けられています。

1. 所得金額の計算の特典

(1) 青色申告特別控除

所得に係る取引を正規の簿記の原則、一般的には複式簿記により記帳し、その記帳に基づいて作成した貸借対照表を損益計算書とともに確定申告書に添付して確定申告期限内に提出している場合には、原則としてこれらの所得を通じて最高65万円を控除することとされています。

(2) 青色事業専従者給与

青色申告者と生計を一にしている配偶者やその他の親族のうち、年齢が15歳以上で、その青色申告者の事業に専ら従事している人に支払った給与は、事前に提出された届出書に記載された金額の範囲内で専従者の労務の対価として適正な金額であれば、必要経費に算入することができます。

(3) 貸倒引当金

自由診療収入や窓口収入による未収金、社会保険診療未収金、従業員貸付金等については、青色申告者に限って貸金の額の5.5%相当額を貸倒引当金として必要経費に算入することができます。

(4)純損失の繰越しと繰戻し

開業や休業等により、その年分の所得の金額の計算上損失が生じ、他の所得と損益通算しても控除しきれない部分の損失の金額があれば、その損失額を3年間にわたって繰越控除することができます。
また、前年分の所得税の還付もできます。