産業の空洞化に歯止めを…

富士市は経営コンサルティング付き工業団地の分譲を始めます。

地元の産業支援施設と連携し、

入居した企業向けに新商品開発などの無料アドバイスを行います。

リーマンショック後の景気後退や最近の急激な円高で

工業団地への企業誘致が伸び悩むことへの対応としての案です。

補助金など既存の支援策とは異なる新機軸を打ち出すことで、

地域の産業の空洞化に歯止めをかけたい考えです。

具体的には、「富士市フロント工業団地」への入居企業に

富士市産業支援センターがコンサルティングサービスを手掛けます。

センター所属のコーディネーター、デザイナーらが

売り上げ増を目指した新商品開発のほか、

販売拡大、新分野進出の手法などを“指南”します。

そして、進出済み企業らの事業展開に関する相談にも応じていきます。

静岡県では富士市の新たな企業支援策について

「県内では例がなく、ユニーク」とみており、

他の自治体にも同様の動きが広がる可能性があるとみています。

静岡から元氣発信!!