お茶の新しい使い道

アロマセラピスト養成校運営のアクト・フォは

茶の加工段階で出る蒸気を活用した芳香蒸留水を開発しました。

室内の香り付けなどの用途を見込み、

静岡県の無農薬茶の生産・販売会社と連携し

2012年7月をメドに販売するそうです。

県内の茶生産者は茶価低迷に加え、

放射能汚染の風評被害で厳しい経営環境にあります。

新商品の販売で、農家の経営を支援したいとの狙いも伺えます。

方法としては、お茶の蒸し工程で発生する水蒸気を、

製茶機械製造の寺田製作所が開発した機械で回収します。

発生する25~30%を芳香蒸留水として活用できるそうです。

芳香蒸留水は飲用茶が持つ渋い香りと異なり、

「新芽を連想させる新鮮な青い香り」が特徴なのだそうです。

静岡県産の製茶をめぐっては、

一部の一番茶の製茶から国の暫定規制値を超える

放射性物質が検出されましたが、

この製品に関しては生茶、製茶共に規制値を下回っているそうです。

静岡県といったら、やはりお茶が有名です。

しかし、原発による放射性物質で農家は厳しい状況にあります。

お茶の新しい使い道を考え、

農家の方が少しでも元氣になってもらいたいものです。

静岡から元氣発信!!