積極的に活用を…

静岡県は県内中小企業の

自然エネルギー関連設備導入を促進するため、制度融資を創設しました。

福島第1原子力発電所の事故などを教訓に自然エネルギーの普及を促進し、

融資制度の充実で資金力に限りのある企業への導入を支えたい考えとのことです。

融資の範囲としては太陽光、風力、地熱などの自然エネルギー設備のほか、

高効率の空調機や照明など、省エネにつながる設備投資も含まれるそうです。

融資枠は10億円で、1社当たりの融資限度額は1億円を予定しています。

今回の融資に合わせ「エネルギー需給安定対策保証制度」も新設されるようで、

融資利率は、年1.9%で、保証率が0.3~1.3%上乗せされる模様です。

県はそのほかにも、既存の制度融資を拡大する予定で、

東日本大震災の被害や円高による売上の減少した企業を対象にした

「緊急経済対策枠」の融資枠を100億円から200億円に、

また「中小企業再額対策資金」の融資枠を200億円から700億円に引き上げるようです。

県が中小企業のために動いています。

活用できる制度は活用し、静岡県の会社から元氣になる!

静岡から元氣発信!!