十勝との交流!

富士山静岡空港利用促進協議会は、

静岡―札幌線の利用促進を目的に、北

海道十勝地方とのビジネス交流の橋渡しに乗り出すとのことです。

両地域で現在開発中の加工食品の事例の紹介などを通じ、

両地域の強みを生かした新商品開発を活性化させる狙いです。

会合では、両地域で進むビジネスマッチングの事例を紹介し、

参加者となる金融機関や経済人に新たな交流を促します。

例えば開発中の、静岡産の抹茶と十勝産の練乳などを原料とした

「抹茶オ―レ」などの具体例をアピールし、

互いの原材料や加工技術を組み合わせた商品開発を呼びかけます。

「抹茶オーレ」の商品化は進んでいるようです。

静岡県産の高級抹茶を使用しており、価格は500円程度を見込むとのこと。

まずは、静岡、十勝周辺の高速道路サービスエリアや

土産物コーナーなどで販売する計画のようです。

静岡商工会議所連合会の専務理事は

「十勝と静岡は歴史的に深いつながりがある。北海道の産物に静岡県の加工技術が加わり、商品付加価値を高めることができれば、地域間の産業交流の新たなモデルになる」

と語っています。

十勝との交流で、十勝・静岡ともに元氣に!

静岡から元氣発信!!