静岡から元氣に!

今回の「静岡から元氣発信」は、静岡県の頑張っている元氣企業・人を紹介したいと思います。

静岡市にあるMNJ(千葉恭史社長)が小型モーターの設計技術をもとにした手回し式の高効率発電機を開発したそうです。

商品名は「エコチャージ」といいます。

ユニット化して住宅メーカーなどに販売するようです。

2010年12月期で従業員が3人で、売上高が約2億円です。

社長は、

「中小企業では『安かろう、悪かろう』では信用が生まれない。今後も独自の高付加価値製品を生み出していきたい」

としており、商品開発に向けてアイディアを練っているそうです。

ところ変わって、浜松市の三ケ日町では、

「三ケ日みかん」の味を海外に持ち込み「mikkabi」ブランドを浸透させる取り組みが始まったそうです。

活動の協議会会長でもある食品卸のフードランド社長の中村健二さんは、

みかんのアピールだけに留まらず、あらゆる方面で地元活動に力を入れているそうです。

「外から人や企業を呼び込まないと将来がない」と故郷を守るために奮闘しています。

静岡を元氣にしようと頑張っている人がいます。

静岡から元氣発信!!