信用と法律

グリーの時価総額に歯止めがかからない。

半年で半額以下(3000億円)まで下がっている。

原因は【コンプガチャ】と呼ばれる経営手法が、消費者庁によって景品表示法の懸賞にあたるとして違法と判断されたことにある。

結果、収益への見通しが読めないうえに事業モデルへの批判もあり株価が下げ止まらない。

法律に触れたことによる信用の低下である。

決して他人事ではないと思います。

法律に則って行う仕事の社会的責任の大きさを改めて感じた記事です。



鈴木